【ダイエット日記】21日目|ダイエットに最適な食材オートミールのメリット5選

スポンサーリンク

日本では、あまり馴染みがない食材のオートミール。でも海外では一般的な食材でモデルやボティビルダーの愛用者も多いほど。それだけこの食材には優れたメリットがあるのです。

現在、ダイエット中の私もこのオートミールには毎朝お世話になっており、順調に痩せております。
今回は、そのオートミールのメリットを4つ紹介します。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
SAKA

4人家族のサラリーマン不動産投資家。
区分所有2室、戸建2棟、アパート1棟(6室)を購入。
NSCA認定パーソナルトレーナー資格者。

SAKAをフォローする

メリット1 カロリーが低く、腹持ちが良い

ダイエットの王道の方法は 摂取カロリー <消費カロリー でしたね。


オートミールはカロリーが低い食材です。私は毎朝の主食としてご飯やパンの代わりに30gのオートミールを食べています。30gでのカロリーはたった120kcalです。それでいて、お粥にして食べるので腹持ちが良く、とても重宝しています。

80gあたりに含まれる総カロリーと三大栄養素 出典「slims」

メリット2 ビタミン・ミネラルが豊富

ダイエットをすると食べる量が減るので、それに伴ってビタミンやミネラルが不足しがちになります。ビタミン・ミネラルは5大栄養素に含まれており、人間には必ず必要な栄養素です。

オートミールはビタミン・ミネラルが豊富で、特にミネラルにおいては、あらゆる食材の中でも最も優秀な食材といっても過言ではないほど、豊富です。


メリット3 食物繊維が豊富

食物繊維は、腸内のゴミなどを絡めとってくれる働きがあり、便通への関わりが大きい栄養素です。
食物繊維が不足すると、便秘に悩まされることになります。

オートミールは、80gあたり7.5gも含まれています。1日に必要な量が15g程度ですので、約半分の量を摂取できる計算です。また、7.5gの食物繊維をキャベツで摂取しようとすると500gも食べる必要があります。キャベツ500gは、ちょっと無理ですよね。
オートミールの80gであれば、無理なく食べることができます。

メリット4 GI値が低い

GI値とは血糖値に関係がある数値です。低い方が血糖値が上がりづらく、太りにくい食材だといえます。

オートミールのGI値は55と低いです。ちなみに白米は84、食パンは91。

メリット5 調理が簡単

オートミールは一般的に牛乳や水でふやかして食べます。
私の場合、水を入れてレンジで1分チンするだけです。忙しい、朝なんかは助かりますよね。

ダイエット開始から21日間 経過報告

ダイエット開始から21日間が経過しました。

スタート時の体重は80.2kgで、先週の体重は77.8kgでした。

そして、本日の体重は77.3kgでした。先週からはマイナス0.5kg。
実は、今週の月曜日に体調を崩して風邪を引いてしまいました。しばらく、風邪の状況が続いてしまい、なかなか治らなかったので、食べる量を増やしました。そのため、体重はあまり減っていません。

健康第一なので、多少の足踏みは仕方がないと思うようにしています。

見た目はこんな感じです。お腹のぽっちゃり感は弱まってきたでしょうか。
腹直筋上部がうっすら見えるようになりました。

ダイエット継続して頑張りたいと思います。

以上、「【ダイエット】ダイエットに最適な食材オートミールのメリット5選 ダイエット開始から21日間 経過報告」という記事でした。

コメント