【解説】ジャンプ力を上げるのに最適なデプスジャンプのやり方

スポンサーリンク

ジャンプ力が高いとバレーやバスケなどたくさんのスポーツで有利です。

でも、どんなトレーニングをすればジャンプ力を上げられるのか分からなくて、悩む方も多いですよね。

この記事では、ジャンプ力を上げるのに最適なデプスジャンプトレーニングついて解説します。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
SAKA

4人家族のサラリーマン不動産投資家。
区分所有2室、戸建2棟、アパート1棟(6室)を購入。
NSCA認定パーソナルトレーナー資格者。

SAKAをフォローする

ジャンプ力を上げるのに最適なデプスジャンプ

まずは、デプスジャンプがどのような動きか、こちらの動画で確認してみましょう。

動きはとても単純で、高さのある台から降りて、すぐにジャンプするだけ。

動画ではジャンプする先にハードルがありますが、これは別になくても問題ありません。

なぜジャンプ力を上げる方法がデプスジャンプなのか

デプスジャンプの目的は、筋肉と腱に本来備わっているパワーを増大させること、また機能を強化させることです。

ジャンプという動作は、難しい専門用語でいうと伸長性筋活動といいます。

簡単にいうと、筋肉がバネのように伸び縮みすることで、私たちはジャンプすることができます。

そして、ジャンプ力がない人の筋肉、つまりバネが錆びていて固くなっています。

デプスジャンプをすることでバネの錆を取り除き、柔らかくて機能的な筋肉を手に入れることができるのです。

デプスジャンプのやり方を解説

デプスジャンプを、開始姿勢〜降りる〜ジャンプに分けて説明すると

  1. 開始姿勢
    台の上で、足を肩幅に開き、つま先が台のフチ近くになるように立つ
  2. 降りる
    台から踏み出し、両足で着地
  3. ジャンプ
    着地した瞬間に、できるだけ高くジャンプする

ちなみに台じゃなくても、高さのあるものであればなんでもいいので、階段でも代用できます。

よくある失敗として、着地している時間が長すぎることがあります。

動画のように、着地したらすぐにジャンプするようにしましょう。

ポイント

着地時間している時間を短くし、できるだけ高くジャンプすること

台の高さ

台の高さは、最初は30cmくらいから始めるようにしましょう。

30cmの台からのデプスジャンプになれてきたら、台の高さを40cm、50cmと高くし、トレーニング強度をあげることで、ジャンプ力を高めることができます。

台を高くすれば、着地からジャンプまでにたくさんのパワーを必要とし、トレーニングとしてはキツくなっていきます。

ポイント

最初は30cmの高さから始めること

トレーニング強度の上げ方

トレーニング強度の上げ方を3つ紹介します。

  1. 台を高くする
    先ほど、説明したとおり台を高くすると強度があがります
  2. 重りを身につける
    ウェイトベルトやアンクルウェイトなど、重りを身につけることで強度があがります
  3. 片足で着地・ジャンプをする
    両足でやっていたことを、片足でやることで強度があがります

注意点として、強度は少しずつ上げていくようにしてください。

一気にあげてしまうと怪我をしてしまうリスクが高くなります。

自分のカラダの状態と相談しながら、試すようにしましょう。

ポイント

強度は少しずつ上げていく

トレーニング回数

トレーニング回数は、40回✕1セットから始めましょう。

慣れてきたり、もの足りなく感じたら、50回、60回と増やしていき、100回程度を上限に回数を増やしていきましょう。

100回✕1セットできるようになったら、トレーニング強度をあげていくといいでしょう。

ポイント

トレーニング回数は、40回✕1セットから始めること

トレーニング頻度

トレーニング頻度は、週回から始めましょう。

トレーニングのやりすぎは、筋肉や腱の故障に繋がります。

怪我には十分に注意して取り組むようにしましょう。

見出し

トレーニング頻度は、週1回から始めること

トレーニング効果が現れるのはどれくらい

神経系や筋肉の反応など人それぞれに異なるため、トレーニング効果が現れる期間をいちがいには言えません。

ただ、目安としては2ヶ月〜3ヶ月はかかると考えておきましょう。

神経系や筋肉の向上には、それだけ時間がかかるのです。

しかし、継続してトレーニングすることで必ずジャンプ力を上げることはできます。

継続は力なりです!

ポイント

トレーニング効果が現れる目安としては2ヶ月〜3ヶ月

まとめ

デプスジャンプはジャンプ力を高めることができる強力なトレーニングです。

デプスジャンプは必要な道具も少なく、気軽に始めることができ、ジャンプ力を効果的に高めることができるトレーニングです。

音の問題さえクリアできれば、家でもできると思います。

しかし、効果が高いことは、その反面、カラダに負担もかかります。

くれぐれも怪我には気をつけて取り組むようにしましょう。

以上「【解説】ジャンプ力を上げるのに最適なデプスジャンプのやり方」という記事でした。

コメント