【JBBF】メンズフィジークのポージング講座|IFBBプロと世界チャンピオン直伝のポイントをわかりやすく解説

スポンサーリンク

メンズフィジークの大会に出ようと思うけど、初めて挑戦する人はどんな風にポージングしたらよいか分からないですよね。

そんな方に向けて、この記事では、IFBBプロの湯浅選手と世界チャンピオンの田村選手が解説したポージングのポイントを交互に紹介する形式でまとめています。

ポイントをしっかり押えて、自信を持って舞台に上がりましょう!

お金で失敗する人生はもったいない「お金の教養講座」

  1. メンズフィジークの規定ポーズ
  2. ポージングの基礎
  3. フロントポーズのポイント
  4. サイドポーズのポイント
  5. バックポーズのポイント
  6. サーフパンツの履き方
スポンサーリンク
この記事を書いた人
SAKA

4人家族のサラリーマン不動産投資家。
区分所有2室、戸建2棟、アパート1棟(6室)を購入。
NSCA認定パーソナルトレーナー資格者。

SAKAをフォローする

【JBBF】メンズフィジークの規定ポーズ

JBBFのメンズフィジークには規定ポーズが4種類あります。

規定ポーズ

① フロントポーズ

② サイドポーズ(右)

③ バックポーズ

④ サイドポーズ(左)

1.フロントポーズ

正面を向いたポーズ。

腹部から肩にかけての広がり(逆三角形)と、腹筋(ミッドセクション)をアピールします。

2.サイドポーズ(右)

身体を右側にひねったポーズ。

ひねった状態で正面から見たときのVシェイプをアピールします。

3.バックポーズ

後ろを向いたポーズ。

下背部から肩にかけての広がり(逆三角形)をアピールします。

4.サイドポーズ(左)

身体を左側にひねったポーズ。

ひねった状態で正面から見たときのVシェイプをアピールします。

【メンズフィジーク】ポージング基礎を解説

フロントポーズのポージング

IFBBプロの湯浅選手による解説

上体のポイント

IFBBプロの上体のポイントは以下の5点です。

上体のポイント

①呼吸をしっかり吐いて、肋骨を締めて、腹直筋を出す

②腹直筋を出したまま、胸郭を広げる

③肩甲骨を立てる

④大胸筋は収縮させない(リラックス)

⑤顔はスーパースマイル😘

立ち方(脚)のポイント

IFBBプロの立ち方(脚)のポイントは以下の3点です。

立ち方(脚)のポイント

① 軸足の延長上に逆足を置く

②軸足に重心をのせる

③ 逆足は伸ばしきって、かかとを上げる

④つま先はバランスよく外側に向ける

腕から指先のポイント

IFBBプロの腕から指先のポイントは以下の4点です。

腕から指先のポイント

① 親指を隠して、手を腰に添える

② 親指は腰に引っ掛けて、肩・三頭筋を出す

③ もう一方の指は反らさずに、自然に意識する

④ 腕の位置は、胸郭を開いた状態で自然におろす

世界チャンピオンの田村選手による解説

世界チャンプの上体のポイントは以下の6点です。

上体のポイント

① 軸を意識する(常に上から引っ張られているイメージ)

② 胸を張って(肩甲骨を立てて)、僧帽筋が強調されないようにする

③ 骨盤を後傾させて、腹筋を出す

④ 腹筋はバキュームして、内側に入れるイメージ

⑤ 肘のラインは体側(たいそく)よりも前

⑥ 三角筋後部に力を入れる

サイドポーズ(左右)のポージング

IFBBプロの湯浅選手による解説

IFBBプロのサイドポーズのポイントは以下の7点です。

サイドポーズのポイント

① 軸足はまっすぐにし、後ろ脚はかかとを上げて流す

② 流した後ろ脚のふくらはぎに力を入れる

③ 両肩を平行にしたまま肩をひねる

④ 正面を向きすぎないように注意

⑤ 大胸筋は収縮させない(リラックス)

⑥ 正面側の肩・三頭筋を意識する

⑦ 正面から見たときのVシェイプを意識する

世界チャンピオンの田村選手による解説

世界チャンプのサイドポーズのポイントは以下の4点です。

サイドポーズのポイント

① 軸を意識する(常に上から引っ張られているようなイメージ)

② 腰に添える手の位置を外側にする(大胸筋がよりワイドに見える)

③ 前脚を上げるイメージで外腹斜筋を出す

④ 腰に添えない腕は肩を出して、肘から下は自然におろす

バックポーズのポージング

IFBBプロの湯浅選手による解説

IFBBプロのバックポーズのポイントは以下の4点です。

バックポーズのポイント

① 片足を流して片手を腰に置く

② 流した後ろ足のふくらはぎに力を入れる

③ 骨盤を前傾させ、上体を後ろに少し倒す

④ 脊柱から下背部を意識する

世界チャンピオンの田村選手による解説

世界チャンプのバックポーズのポイントは以下の3点です。

バックポーズのポイント

① 上体は反りすぎないように注意

② 下背部と三角筋後部を意識する

③ 顎は上向き

サーフパンツの履き方

世界チャンピオンの田村選手による解説

世界チャンプのサーフパンツのポイントは以下の2点です。

サーフパンツのポイント

① 外腹斜筋が見える位置でサーフパンツを履く

② 正面から見た時に、おへそから骨盤にかけて、若干V字になるように履く

まとめ

Iこの記事では、FBBプロの湯浅選手と世界チャンピオンの田村選手が解説したポージングのポイントを紹介してきました。

こちらの記事の元になっている動画はこちらの2本です。

ポージングのポイントを押えた後は、鏡に向かって練習を繰り返していきましょう。

慣れてきたら、スマホを使って自撮りして、うまくポージングが取れているか確認することが重要です。

>>>ポージング練習におすすめの自撮り用三脚

バックポーズは、特に鏡を使って確認しづらいです。

ぜひ、納得のいくポージングをマスターして舞台の上に上がりましょう!

以上「【JBBF】メンズフィジークのポージング講座|IFBBプロと世界チャンピオン直伝のポイントをわかりやすく解説」という記事でした。

コメント