【トレーニングベルト】GOLD GYMのプロレザーベルトを購入して使った感想【選んだ理由・サイズ感】

スポンサーリンク

トレーニングの使用重量が重くなってきたので、GOLD GYMのプロレザーベルトを購入しました。

この記事では、プロレザーベルトの購入を検討されている方に向けて、私がプロレザーベルトを選んだ理由とサイズの選び方などを紹介します。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
SAKA

4人家族のサラリーマン不動産投資家。
区分所有2室、戸建2棟、アパート1棟(6室)を購入。
NSCA認定パーソナルトレーナー資格者。

SAKAをフォローする

GOLD GYMのトレーニングベルト プロレザーベルト

GOLD GYMのトレーニングベルトには、いくつか種類があります。

ポピュラーなところでいくと、以下の3種類です。

・ブラックレザーベルト

・アンティークレザーベルト

・プロレザーベルト

この中で、私はプロレザーベルトを購入しました。

プロレザーベルトを選んだ理由

私がトレーニングベルトを選ぶ際に、重要視したところは以下の4点。

  1. 身体へのフィット感
  2. しっかり腹圧がかけられるか
  3. 耐久性
  4. 見た目のかっこよさ

結論からいうと、すべての面でプロレザーベルトが1番優れていると思っています。

1.身体へのフィット感

私が以前、通っていたジムにトレーニングベルトが共用として置いてあったので、全種類使ったことがありました。

実際に全種類、使用してみた感想としては、ベルト全体に高級牛革を使っているプロレザーベルトが1番カラダに馴染んでいたような気がしています。

もちろん共用のベルトだったので、いろいろな人が使っており、完全に私のカラダにフィットしていたわけではありませんが、その中でも最も良い印象をもっていました。 

購入して使用していくことを考えると、自分のカラダに合わせて使い込むほどに身体に馴染んでいきフィット感が増してくプロレザーベルトは魅力的に感じました。

2.しっかり腹圧がかけられるか

これは、どのベルトでもあまり差はないよう感じました。

強いていうなら、フィット感が良く感じたプロレザーベルトが、腹圧をかけやすかったです。

ただ、腹圧に関しては、しっかり息を吸ってお腹を膨らませるようにコントロールする技術も関係してくるので、ベルトの性能だけでは一概に言い切れないところがあります。

3.耐久性

これについては、ネットのレビュー記事を読み漁った結果、ブラックレザーベルトとアンティークベルトはピンの穴が拡がったり、破けたりしやすいという内容が多く見受けられましました。

一方、プロレザーベルトについては10年近く使用されている方で、全くヘタっていないという内容がありました。

これには、他のベルトの厚みが5cmなのに対して、プロレザーベルトの厚みは10cmという、厚みの違いも関係していると思います。

また、背面は皮が二重になっているので、耐久性と安定性が他のベルトに比べて飛躍的に高いです。

4.見た目のかっこよさ

ブラックレザーベルトは、刺繍がほつれやすく、時間がたつにつれてボロボロになる気がプンプンします。

またアンティークベルトは、見るからに安っぽさを感じるので、ナシ。

デザインも質感も良く、高級感のあるエンボス加工を施したプロレザーベルトなら見た目もかっこよく、所有欲も満たしてくれます。

サイズの選び方

結論から言うとMサイズを購入しました。

ベルト購入時(減量中)の私のウエストは78cm。

Sサイズを選んで失敗!?結局Mサイズにした!

実は、最初はSサイズを選びました。

商品紹介サイトや口コミを見て、「Sサイズでいけるやろ。」くらいの感じで。

実際に商品が届いてつけてみると、細い方から2つ目の穴がギリギリでした。

購入時は減量中で、のちのち増量した時のウエストサイズを考えると全然だめでした。

そのため、商品を返品し、Mサイズを再度購入しました。

Mサイズであれば、ウエスト78cmでも使えるし、体重を今後増やしたとしてウエストが大きくなっても、かなり余裕があるので問題なく使えそうです!

ベストなサイズ選びは実物をつけてみること

ベストなサイズ選びは、やはり実際にお店に行って、実物をつけてみる方法だと思います。

もし、同じジムに通っている人が使っているようであれば、試しに付けさせてもらうなども有効な方法です。

でも、それ以外の方はネットの口コミなどを参考に選ぶしかないでしょう。

まぁ最悪、返品して再度購入すれば、いいんでしょうが、無駄なお金がかかってしまうため注意が必要です。

購入される場合は、私の事例や他の情報も参考にしながら選ぶようにしましょう。

コメント