【独学】NSCA-CPT資格勉強|暗記すべきものまとめ②

スポンサーリンク

NSCA-CPTの資格取得勉強用として暗記すべきものまとめました。

お金で失敗する人生はもったいない「お金の教養講座」

スポンサーリンク
この記事を書いた人
SAKA

4人家族のサラリーマン不動産投資家。
区分所有2室、戸建2棟、アパート1棟(6室)を購入。
NSCA認定パーソナルトレーナー資格者。

SAKAをフォローする

NSCA-CPT資格勉強問題集|暗記すべきものまとめ②

「これは、暗記するしかない」というものだけをまとめました。

①筋原線維構造用語

  • サルコメア
    筋の基本的な収縮単位。Z線から隣接するZ線までが1つのサルコメア
  • Z線
    アクチンフィラメントが固定されている線(アクチン端部)
  • A帯
    ミオシンフィラメントの全長(長さは変わらない)
  • H帯
    A帯の中でアクチンが存在せず、ミオシンのみの範囲(短縮時に短くなる)
  • M線
    H帯中央のMブリッジがある範囲
  • I帯
    2つのミオシンフィラメントの間の部分(短縮時に短くなる)
概略図

②筋繊維タイプ

  • タイプⅠ
    遅筋繊維。力は弱いが高い持久力をもつ。長距離タイプ
  • タイプⅡA
    速筋線維。力はある程度強くて持久力も少し持つ。中距離タイプ
  • タイプⅡx
    速筋線維。力は強く、スピードも速いが持久力はない。短距離タイプ

③ゴルジ腱器官

ゴルジ腱器官は、腱の中にあるセンサー。

バーベルカールなどで自分が発揮できる力よりも重いものを持つと、腱が切れないように腱の中にのセンサーであるゴルジ腱器官が、筋に力を弱めろと命令を送る。

これをゴルジ腱反射と呼ぶ。

筋トレを続けるとゴルジ腱反射の働きが弱まる(筋紡錘とは逆の働き)

④筋紡錘

筋紡錘とは、筋の伸び縮みを監視するセンサー。

急激に筋が伸ばされると筋紡錘が反応し、筋を急激に収縮させる(筋が傷つくのを防ぐため)

これを伸長反射と呼ぶ。

筋紡錘の役割は伸張反射を促すことなので、速い筋長変化に反応して、筋張力が増加する。

⑤エネルギー供給系

①ホスファゲン機構

筋中のクレアチンリン酸を分解してATP(アデノシン3リン酸)を作る

②解糖系分解

糖質であるグリコーゲン(筋や肝臓にある)やグルコース(血液中にある)を分解してATPを作る

速い解糖・・・運動強度が高いとエネルギーが大量に必要となるため、糖質をどんどん分解しビルピン酸をつくる。ビルピン酸はさらに有酸素系で分解されるが、大量のため全部を分解できない。それで一時的にビルピン酸を乳酸に変換するので、乳酸が産生される。

遅い解糖・・・強度が低いので、分解してできたビルピン酸が有酸素系でそのままエネルギーとして使われる。そのため乳酸がでない

③酸化機構

酸素や脂質、速い解糖でできた乳酸を分解してATPをつくる

エネルギー供給まとめ

⑥30歳男性の標準的な体力テスト結果

<条件:30歳男性>

安静時心拍数=66拍/分

収縮期血圧=120mmHg

拡張期血圧=80mmHg

体脂肪率=17〜19%

ウエスト-ヒップ比=0.84以下

最大有酸素性パワー=42.4ml/kg/分

Astrand-Ryhming自転車テスト=31〜38

YMCA(3分間)ステップテスト後の回復心拍数=101〜106拍/分

1RMベンチプレスの相対的筋力=0.93

1RMレッグプレスの相対的筋力=1.71

YMCAベンチプレス=22

パーシャルカールアップ=11〜15回

シット&リーチ=27cm

⑦無酸素性トレーニングの適応

⑧有酸素性トレーニングの適応

⑨オーバートレーニングの指標

  • 最大酸素摂取量の低下
  • 筋グリコーゲンの減少
  • 最大下運動時の心拍数増加(軽い運動でもすぐ疲れる)
  • 体脂肪率の減少
  • 交感神経系のストレス反応の増大
  • クレアチンキナーゼ増加
  • 総テストステロン濃度、成長ホルモン低下
  • カテコールアミン減少

⑩BMIの分類

  • 標準:18.5〜24.9
  • 過体重:25.0〜29.9
  • 肥満度1:30〜34.9
  • 肥満度2:35〜39.9
  • 肥満度3:40以上

⑪機器の配置

バーとバーの間91cm
壁とラックの間91cm
マシーンとマシーンの間61cm
バーと鏡の間15cm
床と鏡の間51cm
ウェイトリフティング場の高さ3.7m以上
有酸素エリア4.6m2
ベンチプレスエリア8.3m2
スクワットエリア12m2
オリンピックリフティングエリア13m2

⑫初回面談からの流れ

<初回面談で行うこと>

  • クライアントとトレーナーの適合性の確認
  • 目標の確認
  • インフォームドコンセントの記入
  • 契約

<契約後にやること>

  • 健康評価スクリーニング
  • 体力測定、評価

⑬冠状動脈の危険因子まとめ

危険因子判定基準
陽性年齢男性45歳以上
女性55歳以上
陽性家族歴男性家族の父親・息子・兄弟が55歳以前に、
女性家族の母親・娘・姉妹が65歳以前に心筋梗塞や冠状動脈の手術、突然死がある
陽性喫煙歴喫煙者(受動喫煙者)か禁煙後6ヶ月以内
陽性高血圧収縮期血圧≧140mmHg
拡張期血圧≧90mmHg
陽性高コレステロールLDL130mg以上
HDL40mg以下
陽性空腹時血糖異常空腹時血糖値100mg以上
陽性肥満BMI30以上
男性ウエスト102cm以上
女性ウエスト88cm以上
陽性身体活動の少ない人週3回、1日30分以上の中強度の運動を3ヶ月以上行っていない
陰性HDLコレステロール60mg以上

⑭成人の血圧の分類

収縮期血圧(mmHg)区分拡張期血圧(mmHg)
<120正常<80
120〜139正常高値80〜89
140〜159ステージ1高血圧90〜99
160≦ステージ2高血圧100≦

⑮神経性食欲不振症の危険信号

  • 体重の急激な減少(正常体重を15%以上下回る)
  • 否認:やせている場合でさえ太っていると感じる、体重・食事・外観に対する脅迫観念
  • 独特な食べ方または、食事を含む社会的場面からの逃避
  • 運動に対する脅迫観念、過活動
  • 冷気に対する過敏
  • 体重減少を隠すためのぶかぶかの衣類の重ね着
  • 疲労感(後期段階)
  • 欠勤、不登校、運動能力の低下
  • 顔や体の産毛の密生
  • 皮膚、手のひら、足底の黄染(高濃度カロテンによる)
  • 脱毛、髪や皮膚の乾燥、脆弱爪
  • 筋量と筋張力の低下
  • 無月経
  • 安静時の遅脈、立ちくらみ
  • 便秘

⑯神経性過食症の危険信号

  • 自己誘発性嘔吐(週2回以上、少なくとも3ヶ月)
  • 緩下剤、利尿剤、浣腸の使用
  • 過度の運動
  • 体型に対する過剰な関心
  • 4.5kg以上の体重変動
  • 吐く息に残る嘔吐臭
  • 指関節のかさぶたや傷跡
  • むくみや顔や頬の腫れ
  • 顔や目の血管の損傷
  • 咽頭炎や歯の症状
  • 腹部の症状
  • 一晩で0.9kg以上の急激な体重変動
  • 仕事、学業、スポーツの不規則な行動
  • 生理不順や無月経
  • 口腔内裂傷
  • 下痢
  • 便秘
  • 倦怠感
  • 電解質異常
  • 不整脈
  • 胃の破裂

⑰メタボリックシンドロームの判定基準

次の症状を3つ以上もっているとメタボリックシンドローム

  • 男性ウエスト102cm以上(日本では85cm以上)、女性ウエスト88cm以上(日本では90cm以上)
  • 高トリグリセリド血症:150mg/dl以上
  • 低HDLコレステロール血症:男性40mg/dl未満、女性50mg/dl未満
  • 高血圧:130/85mmHg以上
  • 空腹時高血糖:110mg/dl以上

⑱正と負の強化及び罰

強化は行動を繰り返す可能性を高め、罰は行動を繰り返す可能性を低める

<正の強化>

例:トレーニング終了後に、お祝いの言葉をかける

<負の強化>

例:ワークアウト終了後に、周辺機器の汗を拭く行為を免除する

<正の罰>

例:未熟なエクササイズテクニックを非難する

<負の罰>

例:トレーニング目標を達成できなかったことを理由に特権を取り上げる

⑲強度別プライオメトリックエクササイズ

低強度中強度高強度
アンクルホップダブルレッグ・タックジャンプデブスジャンプ
スキップダブルレッグホップシングルレッグジャンプ
スタンディングロングジャンプスプリットスクワットジャンプラテラルバウンド
ダブルレッグ・バーティカルジャンプ交互バウンドファストレッグ
チェストパスフロントバリアホップ
ジャンプツーボックスジャンプフロムボックス
スクワットジャンプデプスプッシュアップ
アンクリング45°シットアップ
バットキックハイニードリル

⑳糖尿病に対する禁忌

  • 1型糖尿病で、血糖値が250mg/dl以上とケトン尿
  • 1型糖尿病で、血糖値が300mg/dl以上
  • 2型糖尿病のクライアントは、体調がよく水分補給が十分であればOK

㉑オープンキネティックチェーンとクローズキネティックチェーン

  • オープンキネティックチェーン
    トレーニングしている四肢の遠位の遊離したエクササイズ
    例:レッグカール、レッグレイズ
  • クローズキネティックチェーン
    トレーニングしている四肢の遠位を固定したエクササイズ
    例:レッグプレス、スクワット

㉒高齢者のレジスタンストレーニング

高齢者で初めてレジスタンストレーニングをする場合

10〜15レップでRM60〜75%程度にする

㉓PRE(主観的運動強度)

評価説明
1全く努力なし(横たわっている)
2ほとんど努力なし
3非常に楽である
4楽である(1日中でも行える)
5中程度
6ややきつい(きついと感じ始める)
7きつい
8かなりきつい
9非常にきつい
10最大努力(これ以上は無理)

以上「【独学】NSCA-CPT資格勉強問題集|暗記すべきものまとめ②」という記事でした。

コメント