【20万節約!?】入居者からガス配管の腐食連絡がきた

スポンサーリンク

先日、管理会社経由で入居者から「ガス配管が腐食している」という連絡を受け、大家として対応しました。

この記事では、大家としてどのように対応したのか、またガス配管が腐食した場合どのような対策をすれば良いかについて紹介します。

大家さんやガス配管の腐食で困っている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
SAKA

機械設計が得意

SAKAをフォローする

入居者からガス配管の腐食の連絡がきた

戸建の入居者から「ガス配管が腐食している」という報告があったと、管理会社より連絡がありました。

詳しく聞いてみると、先日、大阪ガスによるガス設備調査があり、

・ガスメーターの近くのガス配管で腐食が進んでいる。

・腐食が進むとガス漏れの恐れがあり、危険なので改修をおすすめする。

以上のようなことをガス調査員から言われたようです。

そこで、状況確認のために、腐食を指摘されたガス配管の写真を入居者に送ってもらいました。

この写真を見た私の感想は、

一部の表面がサビて、サビ汁が垂れているけど、よくある程度の腐食。

数年でガス配管に穴が開いてガスが漏れるような危険性はないだろう。

とはいえ、入居者に「どうしても対策をして欲しい」と言われることを想定して、改修工事する場合の工事方法と費用を調べてみました。

ガス配管が腐食した場合どのような対策をすれば良いか?

ガス配管が腐食した場合の対策は主に2つです。

①地面を掘り起こして、腐食した配管を新しい配管に交換する。

②ガス配管内部に特殊な樹脂を塗りつけて、表面を保護する。(シャトルライニング法)

①は、古くなった配管を新しいものに入れ替えるので、地面を掘り起こす必要があり、費用がかかります。

ガス配管に穴が開いてしまった場合は、①の方法しかありません。

②はガス配管内部に機械を使って特殊な樹脂を塗りつけるだけなので、地面を掘り起こさなくても良い分、費用が安く済みます。

ガス配管に穴が開いていない場合は、②の方法も使えます。

ガス配管を改修するための費用は?

今回の一般戸建の場合、工事費は20万円くらいかかりそうです。

20万円かけて予防工事は割に合わないというのが、正直な気持ちでした。

出典:大阪ガス

ちなみに、この費用は①地面を掘り起こして、腐食した配管を新しい配管に交換する場合のものです。

②の方法の場合、どれくらい費用がかかるのか気になったので、地元の配管業者に問い合わせてみましたが、その業者では「対応できない」と回答されました。

それほど、一般的な方法ではないようです。

入居者を説得し、20万円節約!?

いろいろと調べたうえで管理会社の担当者と相談し、以下のように入居者さんに伝えてもらいました。

・写真を見る限り、ガス配管の腐食はよくある程度のもので、すぐにガス漏れが起こるとは考えにくい。

・万が一、ガス漏れしても家の外なので、危険性が低いこともあるので、しばらく様子を見てほしい。

・何か異常を感じたら、すぐに対応するので、連絡してほしい。

その対応で入居者さんは納得してくれたようで、一件落着となりました。

そのおかげで、工事費20万円は節約することができました!?笑

今回の対応で、ガス配管漏れの対策と費用感もわかりましたので、別の物件で似たような問題が起こっても落ち着いて対応できます。

こんなトラブル?のようなものを1つ1つ経験することで、自分の大家力が少しずつ上げることでき、今後の不動産投資ライフもちょっとずつ楽になっていきます。

コメント