【美容の真実】光老化を防ぐ、紫外線予防の正しい知識

スポンサーリンク

スポンサーリンク
この記事を書いた人
SAKA

4人家族のサラリーマン不動産投資家。
区分所有2室、戸建2棟、アパート1棟(6室)を購入。
NSCA認定パーソナルトレーナー資格者。

SAKAをフォローする

「光老化」は加齢に比例しない

肌の「光老化」という言葉が最近よく聞かれるようになりました。

光老化とは、加齢による「自然老化」とは違うもので、紫外線を長年浴びつづけることによって引き起こされる肌の老化のこと。

加齢による老化では皮膚が薄くなるのに対し、光老化は子どもの頃から浴びた太陽光線の総量が関係し、紫外線への長年の防御反応の結果、皮膚が厚くゴワゴワになり、色も濃くなります。

また、肌の深い部分にある真皮で皮膚のハリを保っている弾性繊維が破壊されるにも、光老化の特徴。

弾性繊維が機能しなくなるため皮膚のハリがなくなり、シワやたるみができるのです。

光老化が皮膚がんの原因となることも実証されています。

浴びた量が多いほど、肌の色がくすんだり、シミ、シワ、たるみが生じやすくなるというわけです。

というと、まるで紫外線が悪者のようですが、紫外線は健康を維持するために必要不可欠であることも忘れずに。

紫外線を浴びることで体内ではビタミンDが生成され、わたしたちの骨をつくるのに役立ちます。

また体内時計を機能させる役目としても、とても重要です。

ただ、やはり浴びすぎてしまうと光老化に繋がりますから、日焼け対策は必要になってきます。

紫外線(UV)AとB、何が違う?

紫外線は波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分けられます。

このうち地上まで届いて肌に影響を与えるのは「UV-A」の「UV-B」の2つ。

日焼けを引き起こす力を比べると、UV-BのほうUV-Aより600〜1000倍強いといわれます。

ただ、日光にはUV-Aも大量に含まれているため、たとえば海水浴などで肌が赤くなるほど日焼けした場合、紫外線の割合はUV-Bが7〜8割、UV-Aが2〜3割と換算されます。

UV-Bは肌の浅いところで炎症を起こしやすいにで、水膨れになったり、強い炎症反応が出て色素沈着が残りやすいのが特徴です。

これに対して、UV-Aには炎症を起こしたり肌を黒くする力はさほどありません。

しかし、UV-Bより波長が長く、肌の奥(=真皮深層)まで到達してしまうため、長期的に浴びると光老化の原因になります。

UV-Aは雲や窓ガラスなどを通り抜ける性質もありますから、曇りの日でも気をつける必要があるのも特徴です。

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」

現在は、紫外線を防御する主要成分として、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が使われています。

この2つのどちらかが単独で使われているか、組み合わせて原料としているかは、製品によってまちまちです。

吸収剤は、おもにUV-Bに効果を発揮します。

UV-Bを吸収して熱エネルギーに変換して排出することで、紫外線からの影響を防御します。

強い遮断力を必要とする場合は、吸収剤入りの方が効果的ですが、紫外線を吸収して化学反応を起こすので、肌が弱いとかぶれる可能性もある、というのが一般的な見解です。

ただ、かぶれてなければ、吸収剤を使うこと自体には何の問題もありません。

一方、散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛がおもな原料で、UV-B、UV-Aの双方に効果があります。

金属成分の小さな粒子が、光を跳ね返すことで遮断するのです。

以前は塗ると白くなる製品が多くありましたが、最近では粒子を細かくする技術のおかげで、白くなりにくく工夫されています。

散乱剤のみを使った製品には、「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」などの表示がありますから、日焼け止めを使って痒みや赤みが生じたら、こうした表示のある製品に切り替えるといいでしょう。

“SPFは高いほど効果がある”は思い込み

日焼け止めといえば、お話ししておかなくてはならないのが、「SPF」と「PA」のこと。

もうすっかりお馴染みの表記ですが、案外その意味合いと効果は分かりにくいかも知れません。

まずSPFは、”Sun Protection Factor”の略で、UV-Bに対する防御効果を示します。

そしてSPFの数値が高ければ高いほど良いと思われていますが、実はそうでもありません。

一定数値を超えると効き目に差はない

次のグラフは、SPFと皮膚に届く「紫外線の防御率」の関係性を表したものです。

このグラフによると、SPF15の日焼け止めを使った場合、UV-Bをすでに93.3%防御できています。

その後、カーブは緩やかになり、SPF30では96.7%の防御率で、あまり差がなくなっています。

つまり、SPF15以上になると、紫外線の防御率はほとんど変わらないということ。

逆に、製品に「SPF50」と表示するためには紫外線吸収剤や散乱剤を大量に使う必要があるため、SPFの数値が高いほど、肌への負担が増えることになります。

PAも紫外線防止効果を示す値

SPFと並んで表示されるのが、「PA」。

こちらは“Protection grade of UVA”の略で、紫外線UV-Aに対する防止効果がどのくらいあるかを意味します。

「+」〜「++++」の4段階で「+」が多いほど効果が高いとされていますが、日本独自の分類評価だというのもその特徴。

海外製品には、この「+」表記はありません。

もちろん、数値が高いものを選んでおいたほうが安心ですが、紫外線の影響を受けやすいか否かは、個人差があるもの。

もともとの肌質や肌の色によって、かなり違ってきます。

紫外線防止の効果をしっかり得るためには、「どの製品を選ぶか」よりも、実は「こまめに塗る」ことが大切です。

表記の量よりも多めに、たっぷり均等に、こまめに重ね付け、を意識してください。

屋外で過ごすなら2〜3時間ごとが基本。

肌にすり込むのではなく、のせるようにつけると、より効果的です。

ちなみに、アメリカのFDAではSPF15の日焼けとめを、日にあたる15〜30分前につけること、2時間ごとに塗り足すこと、そして水に入る場合はさらにこまめに塗ることを推奨しています。

コメント